靖國神社春季例大祭に参列

本日、靖國神社の春季例大祭に参列を致しました。
英霊にこたえる会大阪府本部の代表としての参列でしたので、神社庁の職務での参列です。
このような機会をいただけることに感謝です。

さて、このことに関するニュースは、「やれ誰誰が参拝した。」とか「首相が真榊を奉納した」とかしょうもないことばかり。
はては、「アジア諸国がどうこう」まで言いだします。
ちなみに、首相がどこにお参りをしようが、批判することは内政干渉です。
また、アジア諸国といいますが、文句を言っているのは中国と韓国だけです。

この春季例大祭は非常に大事なことがあります。
それは、天皇のお使いである勅使が参向されるということです。
勅使は天皇陛下のご名代ですので、天皇陛下がお参りをされているのとほぼ同義となります。
宮内庁が勝手にやっているわけではないのです。

ここで、参列して思ったことは、雅楽ではなく、國學院大學の生徒による吹奏楽によって、様々な行事が進んでいるということです。
おそらく、英霊にかかわりの深い音楽を使われているのではないかと拝察するわけです。

他所のお祭りに参列できることは、非常に多くの学びを得ることが出来ます。
この機会をいただけることは、ありがたいことです。

大阪府指定文化財に指定

当社の御神像である、僧形八幡神像・仲哀天皇像・神功皇后像・若宮像・内蔵物が合わせて3月23日付けで大阪府指定文化財に指定されました。

ありがたいことです。
さっそく、5月の例大祭でと思うわけですが、残念ながら、5月の例祭の時には、神功皇后像と若宮像は滋賀県の安土城考古博物館の特別展示のため、当社にはありません。

特別展示の概要はまた日を改めたいと思います。

羽曳野市軽トラ市

羽曳野市の目玉政策。
地元の業者さんが多数出店するマルシェみたいなものです。

地元の宮司ということで、来賓としてお呼ばれしました。

桜が満開です



例年より1週間早いと思いますが、満開となりました。
天気がいいので、桜吹雪が舞っています。

来週には葉桜になるやもです。
通法寺での軽トラ市が心配です。

境内の様子

久しぶりの更新です。

滞っていてすいませんでした。

さて、境内の様子ですが、桜が5部咲きです。

今週末が見頃かと思います。