FC2ブログ

節分祭のお知らせ

2月3日は節分です。

当日は厄除け・災い除けの御祈願を随時受け付けております。

また、午後6時からは「節分祭並びに鳴弦の儀」を執り行います。


【御祈祷について】

「厄除け・災い除けの祈願」は通常の厄除けの御祈願と何が違うか。
まず普通の厄除けは厄年の方をお祓いする御祈願になります。
災い除けの祈願は、厄年かどうかは関係なく、節目に湧いてくる邪気を祓うための御祈願になります。
つまりは「悪いことがおきませんように」という御祈祷です。
尚、当日の厄除けはこの二つを合わせた御祈願となっております。


節分祭並びに鳴弦の儀の神事について】

次に「節分祭並びに鳴弦の儀」ですが、この祭典は個々人だけではなく、氏子崇敬者、また地域・国から邪気をお祓いしてくださいという御祈願になります。
そして、その最中に行う神事が「鳴弦の儀」と呼ばれる弓を用いた儀式です。
御祭神であられる源義家公が、時の帝のご病気を一度は自身の弓矢を枕元に置くことにより、2度目は弓を鳴らすことにより、
見事邪気を祓い帝も体調を回復されたという故事にちなんだ儀式です。
当日は宮司が床を踏み鳴らし、弓を鳴らして邪気を祓い清めます。

その後に、お供えしてある福豆を使ってご参列いただいた皆様と共に、境内で豆まきを行います。
それが終わったら、これまた神前に備え付けてある矢を四方(北東・南東・南西・北西)にご参列者の中から代表で射ていただき、最後に宮司が南に向けて射ます。

弓を鳴らし、豆をまき、矢を放つ。これをもって、邪気を祓い、福を招き入れる神事となります。


【お善哉のご接待】

最後になりましたが、2月3日は1月15日のとんどの際と同じく、小豆から作ったお手製のお善哉をご用意しております。
平成20年に始めて以来好評を得ております。
無くなりしだい終了いたしますので、ご了承願います。



節分について】

一般的には節分=2月3日ですが、実は節分は年に4回あるのをご存知でしたか?

節分=「季節の分け目」です。
立春・立夏・立秋・立冬という「今日からからそれぞれの季節ですよ~」という日の前日が節分なのです。

つまり、2月3日が節分と言われているのは、はたまたま毎年2月4日が立春であるためなのです。
この2月4日=立春ですが、実は、これは昭和60年~平成33年ごろまでの話でそれ以後は3日が立春になったり、5日が立春になる場合もあります。(理由は天体の軌道)
その年は節分が2月3日からずれることになります。


ところで、なぜこの立春の前日の節分のみがクローズアップされているか?
ということを疑問に思われると思います。

それは、色々説がありますが「春」という季節は芽吹きの季節でもあります。
ということは、昔の人々はそこに「生命の誕生」を見たのではないでしょうか?
邪気を祓い清々しく誕生の季節を迎えるために、追儺の式を行うといったところでしょうか。
ちなみにこの時期を特に大事に行うようになったのは江戸時代あたりだそうです。


また、季節の変わり目には風を引きやすいと言いますが、これは季節の変わり目には邪気が発生しやすいからとも言われています。
その為、節分には各家庭の門前には柊の葉や鰯の頭を飾り付けて、鬼が入ってこないようにしたり、豆まきをしたりしました。
豆には邪気を祓う力があるようです。
多くの地域では「鬼は外、福は内」と言いますが、地域によって色々な言い方があるようです。


【福豆の伝統】

ところで、当社だけかもしれませんが、福豆について面白い伝統があります。
当社の地域では、各家庭から炒った豆を神社に持ってきて神前に供え、神前に供えてあった福豆を持ち帰り家族で食すというものです。
家庭から持ってくる豆は、家によってはご家族の皆さんの年齢の合計である場合もありますが、決まりはないようです。

ただ単に豆をいただくだけではなく、豆をお供えするという所が面白いと思っています。

Tag : 壺井八幡宮 節分 鳴弦の儀

盆梅と刀剣展

大阪天満宮の「盆梅と刀剣展」において、当社の御神宝の天光丸が特別展示されます。

このような形での一般公開は戦後初!

ぜひご覧ください。

盆梅展

Tag : 天光丸 大阪天満宮

台風21号の被害状況について

前回の記事も台風についてでしたが、今回も台風についてになります。

この度の台風21号による被害は甚大なものになりました。
被災された皆様にはお見舞いを申し上げます。


さて、当社の被災状況ですが、幸い御社殿に関しては被害はありませんでした。

しかし、境内を囲む鎮守の杜の被害は大きく、多数の倒木がございました。
現在倒木の処理を進めていますが、まだまだ時間がかかりそうです。
とりあえず、自分達でできるところは、処理を進め、なんとかお参りはいただけるような道は出来ました。

しかしながら、至るところに倒木を山積みにしております。
危険ですので、参拝の際には近寄らず、ご注意下さい。

今後も順次倒木の処理を進めていきますので、倒木の山は大きくなっていきます。

最終的には、羽曳野市さんに処理をお願い致します。

業者さんにお願いをしないとどうしようもない倒木も多数ありますので、完全復旧はまだ見通しが立たない状況ですが、少しずつ進めていきたいと思います。

続きのページに写真を載せておきます。
少し撮影時期に違いはございます。ご了承下さい。

続きを読む »

テーマ : 神社・神道 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 壺井八幡宮 台風21号

台風の被害報告

夜が明けたので、境内を見て回りました。
今回の台風におきましては、当社には目立った被害はございませんでした。
楠等の枝や葉が散乱しているくらいです。

地震・大雨の被害について

地震に大雨と大阪では甚大な被害が出ている地域もございます。
一日も早く、普通の生活に戻れるようご祈念申し上げます。


さて、遠方の崇敬者様にはご心配をおかけしているかと存じますが、当社はありがたいことに、何事もなく無事です。

まずは、ご報告まで。