FC2ブログ

節分祭のお知らせ

2月3日は節分です。

当日は厄除け・災い除けの御祈願を随時受け付けております。

また、午後6時からは「節分祭並びに鳴弦の儀」を執り行います。


【御祈祷について】

「厄除け・災い除けの祈願」は通常の厄除けの御祈願と何が違うか。
まず普通の厄除けは厄年の方をお祓いする御祈願になります。
災い除けの祈願は、厄年かどうかは関係なく、節目に湧いてくる邪気を祓うための御祈願になります。
つまりは「悪いことがおきませんように」という御祈祷です。
尚、当日の厄除けはこの二つを合わせた御祈願となっております。


節分祭並びに鳴弦の儀の神事について】

次に「節分祭並びに鳴弦の儀」ですが、この祭典は個々人だけではなく、氏子崇敬者、また地域・国から邪気をお祓いしてくださいという御祈願になります。
そして、その最中に行う神事が「鳴弦の儀」と呼ばれる弓を用いた儀式です。
御祭神であられる源義家公が、時の帝のご病気を一度は自身の弓矢を枕元に置くことにより、2度目は弓を鳴らすことにより、
見事邪気を祓い帝も体調を回復されたという故事にちなんだ儀式です。
当日は宮司が床を踏み鳴らし、弓を鳴らして邪気を祓い清めます。

その後に、お供えしてある福豆を使ってご参列いただいた皆様と共に、境内で豆まきを行います。
それが終わったら、これまた神前に備え付けてある矢を四方(北東・南東・南西・北西)にご参列者の中から代表で射ていただき、最後に宮司が南に向けて射ます。

弓を鳴らし、豆をまき、矢を放つ。これをもって、邪気を祓い、福を招き入れる神事となります。


【お善哉のご接待】

最後になりましたが、2月3日は1月15日のとんどの際と同じく、小豆から作ったお手製のお善哉をご用意しております。
平成20年に始めて以来好評を得ております。
無くなりしだい終了いたしますので、ご了承願います。



節分について】

一般的には節分=2月3日ですが、実は節分は年に4回あるのをご存知でしたか?

節分=「季節の分け目」です。
立春・立夏・立秋・立冬という「今日からからそれぞれの季節ですよ~」という日の前日が節分なのです。

つまり、2月3日が節分と言われているのは、はたまたま毎年2月4日が立春であるためなのです。
この2月4日=立春ですが、実は、これは昭和60年~平成33年ごろまでの話でそれ以後は3日が立春になったり、5日が立春になる場合もあります。(理由は天体の軌道)
その年は節分が2月3日からずれることになります。


ところで、なぜこの立春の前日の節分のみがクローズアップされているか?
ということを疑問に思われると思います。

それは、色々説がありますが「春」という季節は芽吹きの季節でもあります。
ということは、昔の人々はそこに「生命の誕生」を見たのではないでしょうか?
邪気を祓い清々しく誕生の季節を迎えるために、追儺の式を行うといったところでしょうか。
ちなみにこの時期を特に大事に行うようになったのは江戸時代あたりだそうです。


また、季節の変わり目には風を引きやすいと言いますが、これは季節の変わり目には邪気が発生しやすいからとも言われています。
その為、節分には各家庭の門前には柊の葉や鰯の頭を飾り付けて、鬼が入ってこないようにしたり、豆まきをしたりしました。
豆には邪気を祓う力があるようです。
多くの地域では「鬼は外、福は内」と言いますが、地域によって色々な言い方があるようです。


【福豆の伝統】

ところで、当社だけかもしれませんが、福豆について面白い伝統があります。
当社の地域では、各家庭から炒った豆を神社に持ってきて神前に供え、神前に供えてあった福豆を持ち帰り家族で食すというものです。
家庭から持ってくる豆は、家によってはご家族の皆さんの年齢の合計である場合もありますが、決まりはないようです。

ただ単に豆をいただくだけではなく、豆をお供えするという所が面白いと思っています。

Tag : 壺井八幡宮 節分 鳴弦の儀

壺井八幡宮例大祭

本日、5月15日は壺井八幡宮の例大祭です。

例大祭とは、神社における一番大事なお祭りのことです。
神社の創始や御祭神がお亡くなりになられた日が多いように思います。

壺井八幡宮の場合は、神社が創建された日になります。

いわゆる、神社のお誕生日です。

お誕生日をみんなで盛大にお祝いすることによって、神様のお力が益々大きくなります。
そして、それが、神様のお蔭をいただく我々にも、大きな御神徳となって返ってくるというわけです。

明治祭・源頼義公年祭

本日は文化の日。

以前は明治節と言われていましたね。

明治天皇の御遺徳を偲ぶ日です。

神社では明治祭という祭典が中祭式で執り行われます。

また、当社の御祭神であられる源頼義公がお亡くなりになられた日でもありますので、年祭をあわせて執り行いました。

七五三も来られましたので、斎服でご奉仕させていただきました。

源義家公の年祭

源義家公の年祭を8月18日に斎行いたしました。

御社殿で祭典を執り行った後、お墓でも拝礼を致しました。
実は、お墓での祝詞には和歌が3首も入っており、通常の祝詞とは少し違います。

夏越の大祓式

20160621083710068.jpg

前回のエントリーでも記載いたしましたが、昨日・本日と夏越の大祓式に伴う、特別祈祷を行っております。
どう特別なのか?とお思いでしょうか?

実は、この特別祈祷の際のみに使用する祝詞を用いての御祈祷となっております。
さらに、お下がりとして茅の輪守りを授与しております。
また、個別の御祈祷となりますので、6月30日の夏越の大祓式とは違い、御祈願を受けられる方のお名前を読み上げさせていただき、直接御祈願をさせていただいております。

元々の大祓は個別祈願ではなく、集まった皆様に対して宣り聞かせ、みんなをお祓いするという形式でありました。
しかしながら、せっかくの機会ですので、茅の輪をくぐって、昇殿いただき、御祈祷を受けていただいております。

ちなみに社報『香呂峰だより』第31号にも記載しておりますが、いつでもというわけではなく、6月30日の前日及び当日と近い土日の中からあらかじめ決めさせていただいています。
今年は、6月25・25・29・30日、7月2・3日の6日間です。時間は9~17時受付ですが、事前にご連絡をいただければ、多少は調整を致します。

さて、お下がり授与している茅の輪守りですが、今年から、この時期だけ社頭での授与もさせていただいております。
1体800円とさせていただいておりますので、御祈祷を受ける時間はないけど、、という方はお声かけ下さい。
尚、茅の輪守りの故事は次のようなものがあります。

『備後国風土記(びんごのくにふどき)』逸文によると、スサノオノミコトが一夜の宿を借りようとしましたが、裕福な弟の巨旦将来(こたんしょうらい)に断られ、貧しい兄の蘇民将来(そみんしょうらい)には迎えられて粟飯などを御馳走になりました。
そこでそのお礼にと、「蘇民将来の子孫」といって茅の輪を腰に着けていれば厄病を免れることができると告げられました。その後疫病が村を襲いみんな死んでしまいましたが、その教えのとおりにした蘇民将来の子孫は助かりました。
この説話にちなみ茅の輪のお守りを夏越の大祓式ではお渡ししております。家の入り口や鬼門などに取り付けたり、置いたりして厄災から家族をお守りしましょう。


茅の輪守り


特別祈祷の事を書きましたが、当然ですが6月30日午後6時から斎行する夏越の大祓式はしっかりとした祭典になります。
以前詳しく記しましたので、ご参考まで → 夏越の大祓式(平成26年)

他の祭典と大きく違うところがあります。
それは「みんなで大祓詞を奏上する」ということです。
普通、御祈祷や祭典では神主さんが祝詞を奏上し、参列者や祈願者が祝詞を奏上することはほとんどありません。
しかしながら、この大祓式ではそれがあります。
たしかに、普段使わない言葉使いをしますので難しいところではありますが、是非一度ご参加いただければと思います。


話は変わりますが、参議院議員選挙が始まっていますね。
神社行事とは違いますので、追記に記します。
興味のある方はご覧下さい。

続きを読む »

Tag : 壺井八幡宮 夏越の大祓式