FC2ブログ

戰歿學徒追悼祭

 今年も10月21日に、午前11時より兵庫県南あわじ市にある「若人の広場」において、第18回戰歿學徒追悼祭が斎行されました。斎主は神道青年近畿地区連絡協議会の飯森副会長が務められ、近畿2府4県より12名の青年神職が中心となって御奉仕申し上げました。私も祭員として御奉仕させて頂きました。
 この追悼祭は一般の神社の祭典や様々な団体の慰霊祭と大きく違う点があります。それは、様々な宗教団体が一堂に会し、しかも国会議員や知事、市長、議員といった政治家も多く集まり、皆で一つの祭典を創り上げているという所です。しかも、ただ単に一緒の場所に集まっているのではなく、一つの追悼祭という流れの中で、各々の方法(神道は祝詞、仏教はお経、キリスト教は讃美歌、政治家は追悼文、自衛隊は喇叭の吹奏)で、約20万人の英霊の方々に追悼の意を表します。この取り組みは、他の団体の慰霊祭や英霊顕彰においても、是非とも参考にして頂きたい点です。
 ところが、戰歿學徒の顕彰施設や慰霊碑は長年の風雨や阪神淡路大震災により甚大なる被害を受け、今この時も少しずつ朽ちていっています。顕彰施設は地元では有名な心霊スポットとなり、心無い者達による破壊活動も止まらないそうです。しかしながら、一昨年に南あわじ市が若人の広場を取得してからは、少しずつながらも施設の保存整備事業を進めるだけでなく、広報活動も行っているようです。
 我々は祭典奉仕等を通じ、大東亜戦争において祖国の礎になられた學徒20万人の英霊達に感謝の誠を捧げながら、全国で唯一でありながら、あまりにも無名である「若人の広場」の存在を日本全国に知らしめていくことが、戰歿學徒の英霊達に応えることができる道なのではないでしょうか。

【戰歿學徒追悼碑と若人の広場について】
 この追悼碑は、戰歿學徒を追悼する為に、昭和42年10月9日に秩父宮妃殿下台臨の下、竣工祭が盛大に執り行われました。設計は故丹下健三氏によるもので展示資料館を併設し慰霊塔では「ともしび」が燃え続けていました。
 以来施設は順調に運営をされてきましたが、平成7年1月17日に発生した阪神淡路大震災により施設全体に大きな被害があり閉館となりました。
 荒廃した状況を憂い「全國戰歿學徒を追悼する會」を組織し、同年有志らにより12月8日の開戦記念日を選び慰霊祭を行いました。終戦60周年からは兵庫県神道青年会により毎年慰霊祭が斎行されてきました。平成22年5月に南あわじ市が若人の広場を財団より取得し、本格的な施設整備や「ともしび」の再点火が検討されています。

テーマ : 宗教・信仰 - ジャンル : 学問・文化・芸術

明治天皇の御製より今を思う

少し前から、「グローバル化」が叫ばれて久しいですが、はたして世間一般が考えるグローバル化は正しいのでしょうか。
教育では小学校からの英語教育が行われるのもこれの一環だとか。
また、視点を地球規模にし国という枠組みを超えて物を見なければいけないとも言っています。

しかし、足元を見てみると簡単な日本語の理解できない者も多く、また日本語での自己紹介さえ満足にできない者もいると聞きます。
また、海外に転勤などをした人は、あまりに自国のことを知らないことで恥をかき、帰国してから日本文化を学ぶという人も多いと言います。
また、重要な商談では決して英語は使わず、必ず日本語で話すと言います。ニュアンスの違いからくる上げ足を取られないためだとか。


さて、こういった事例は何も現在が初めてではありません。
歴史を振り返ってみると、明治維新後の文明開化時代も現代と同じくいきすぎた欧化政策が取られた時代でした。
「日本古来のものは古くてダメ。欧米の文化は進んでいて素晴らしい。公用語は英語にしよう」といったものです。
しかし、明治天皇はこの機運を良しとしなかったようで、こういった御製をお残しになられています。

開くべき 道はひらきて かみつ代の 国の姿を わすれざらなむ
ときどきに かはりゆくとも いにしへの 聖の御代の おきてわするな


我が国の歴史や伝統に対する深いご理解とご尊重のご姿勢が分かります。
これこそが、国の向かうべき指針ではないでしょうか。

テーマ : 文明・文化&思想 - ジャンル : 学問・文化・芸術

1・27御堂筋パレード



1月27日は国旗制定記念日です。
この日を多くの人に知っていいただき、そして、少なくとも祝祭日には国旗を掲げることが当たり前になるように、大阪の御堂筋をパレードします。

今年は、約350人の参加でした。
警察からも、非常にまとまって行進出来ていたとおほめの言葉をいただきました。

いつか、「何を当たり前のことを」と沿道の方から言われるようになるまで、続けていきます。

主催:日本会議大阪
運営:大阪府神道青年会

主な参加団体
・日本会議大阪
・神道政治連盟大阪府本部
・大阪府神社庁
・大阪府神道青年会
・神道青年近畿地区連絡協議会
・敬神婦人会
・神社関係団体
・念法真教
・崇敬真光
上記以外にも多数の参加者がおられます。

国旗制定記念日

今日は国旗制定記念日です。
世界で一番美しい国旗「日の丸」が、日本の国旗として、制定された日です。

実はユーロの旗も日の丸をモチーフにしていたとか。

最近の歴史教育について

広報誌にヤンキー先生こと義家氏の文が載っていたので、私が改変を加えながらですが、ほぼそのまま載せたいと思います。

少々長いので、下の「続きを読む」に書いてますので、一度ご覧ください。
中身は、今の日本史の授業は、日本をダメにする教育であるということです。
ひたすらに、日本が悪いことをしたと教えられれば、自国に誇りを持つことなど、ありはしないということは誰でもわかりますが、それをやっているのです。

世界の国々の国史(自分のところの歴史を教える授業)は、「いかにその国が素晴らしいか」ということを徹底的に教えます。
その権威付けに神話を用います。
神話を学ばなくなった民族は例外なく滅びるからです。


今の日本はどうでしょうか?

続きを読む »

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術