スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日

本日は大晦日です。

ところでこの「晦日」ですが、もちろん読みは「みそか」です。
ただ、同じ「みそか」でも「三十日」とも書けます。

ここからも分かるように、「みそか」とは「最後の日」という意味があります。
おそらく初めは「三十日」だったのが、後々「晦日」が使われるようになったのでしょう。
ちなみに、「31日もあるじゃないか」という意見もあると思いますが、それは太陽暦での話で、太陰暦では毎月30日で、出てくるずれは、1年を13カ月にして修正していたみたいです。


ということは、月末の日は全て「みそか(もしくは、みそか日)」なのか?という疑問が出てくると思います。
実は、まさにその通りなのです。
そして、12月31日は1年の最後の日なので「大みそか」となっているのです。



最後になりましたが、平成23年は色々とありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

「1年の計はが元旦にあり」と言います。
何も考えずに過ごすのではなく、目標を持った1年にして、実りの多い1年にしてください。


皆さまの益々のご健勝をご祈念申し上げて、大晦日の御挨拶とさせていただきます。
スポンサーサイト

テーマ : 神社・神道 - ジャンル : 学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。