スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祈年祭

まずもって、陛下の手術の成功と、1日も早い回復をご祈念申し上げます。


さて、日付が変わってしまいましたが、2月17日は祈年祭です。

祈年祭とは、今年1年の農作物の豊穣を始め、すべての職業の発展をお祈りするお祭りです。

この祈年祭ですが、大祭式で行われます。

他に大祭式で行われるお祭りは、例大祭(神社で1番大きなお祭り)と、新嘗祭(農作物の豊穣や産業の発展を感謝するお祭り)だけです。

古来より農作物の豊穣は生命の維持に直結していましたので、お祭りの意義が高まったのでしょう。
神社の祭典は、農業と密接にかかわっていることがここからもうかがい知れます。


もちろん、宮中でも陛下が祈年祭のお祭りをされていました。
ただ、今年はなぜか、紀元祭(日本が出来た日に今までの感謝と今後の発展を祈るお祭り)の日である2月11日に続き、祈年祭の日である17日も陛下は入院をされました。

日程的に仕方がないのかもしれませんが、宮内庁の恣意的な考えを感じてしまうのは気のせいでしょうか。
今上陛下は宮中祭祀をとても重要視されていますのでそういう考えも出てしまいます。
杞憂であればいいのですが。。。
スポンサーサイト

テーマ : 神社・神道 - ジャンル : 学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。