スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝日の意義

民主党が突如打ち出した「祝日分散化法案」は、紛れもない国家分散化・国家解体の一手段であります。

そもそも祝日の意義とは何か。

それは、国家的に意義のある日を国民こぞって祝う事にあります。

祝日は、単なる休日ではなく、国民が国家の記念すべき日を共に祝い国民の一体感を育み、国家的絆生むものであります。
日本人の絆や歴史意識を粉々に解体する「休日分散化」に、大きな反対の声をお届け下さい。



休日取得の分散化に関して、経済産業省が意見募集を行っております。

このブログに賛同された方はので、挙って反対のご意見を・・・


↓【意見募集先:経済産業省】↓

http://www.meti.go.jp/press/20100621011/20100621011.pdf



ちなみに、現在日本には以下の祝日があります。日付は元々の日です。その日に意味があるので。



青字の祝日はその日に意味がある祝日です。その理由は右に赤で書いてます。

ハッピーマンデーなる変な法案のせいで動き回ってますが、その理由を知ることは、日本人として当然のものばかりです。

また、祝祭日には国旗を掲げましょう。これも国家に属する国民であれば世界の常識です。




元      日(1月 1日)  …元々は皇室祭祀の四方拝(*1)にちなみ四方節で四大節(*2)のひとつ。

成 人 の 日(1月15日)  …小正月であり、かつては元服の儀が小正月に行われていたことによる。

建国記念の日(2月11日)  …神武天皇が即位された日で我国の始まりの日。紀元節ともいい四大節の一つ。趣旨は「建国をしのび、国を愛する心を養う。」

春 分 の 日(3月21日頃) …元は春季皇霊祭が行われる祭日。趣旨は「自然をたたえ、生物をいつくしむ」。

昭 和 の 日(4月29日)   …昭和天皇がお生まれになられた日。趣旨は「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」

憲法 記 念 日(5月 3日)  …日本国憲法が施工された日

・み ど り の 日(5月 4日)   …趣旨は「自然にしたしむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」元は4月29日だったが昭和の日制定によりこの日に移動。名前の由来→(*3)

こ ど も の 日(5月 5日)  …端午の節句。あくまで「こども」。「子ども」ではない。趣旨は「子供の人格を重んじ、子供の幸福をはかると共に、母に感謝する」。

海  の   日(7月20日)   …趣旨は「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国家日本の繁栄を願う」。この日になった由来→(*4)

・敬 老 の 日(9月15日)  …趣旨は「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」。

秋 分 の 日(9月23日頃) …元は秋季皇霊祭が行われる祭日。趣旨は「祖先を敬い、亡くなった人を偲ぶ」。

体 育 の 日(10月10日)  …東京オリンピックの開会式の日

文 化 の 日(11月 3日)  …日本国憲法が公布された日明治天皇がお生まれになられた日でもあり、明治節ともいう。四大節の一つ。

勤労感謝の日(11月23日)  …新嘗祭の日。GHQが占領政策によって天皇行事・国事行為から切り離しめられたものが「勤労感謝の日」                    

天皇 誕 生 日(12月23日)  …今上陛下がお生まれになられた日。天長節ともいい四大節の一つ。


*1)四方拝とは、元日の午前5時30分に、今上天皇が、皇居の宮中三殿の西側にある神嘉殿の南側の庭に設けられた建物の中に入り、伊勢の神宮の両宮に向かって拝礼した後、続いて四方の諸神を拝する。
この時に天皇が拝される神々・天皇陵は伊勢の神宮、天神地祇、神武天皇稜・先帝三代の各山陵,武蔵国一宮・山城国一宮・石清水八幡宮・熱田神宮・鹿島神宮・香取神宮である。これに倣って貴族や庶民の間でも行われ、四方を拝して一年間の豊作と無病息災を祈っていたが、時代を経るごとに宮中行事として残るのみとなった。

*2)四大節とは「紀元節・四方節・天長節・明治節」のこと。

*3)「みどりの日」の名前の由来は、各界識者をメンバーとする小渕恵三官房長官の私的諮問機関(皇位継承に伴う国民の祝日に関する法律改正に関する懇談会)において、「昭和天皇は植物に造詣が深く、自然をこよなく愛したことから『緑』にちなんだ名がふさわしい」という主旨の意見が多数を占めたからであるとされている。他のには「科学の日」などがあったとされ、いずれにしても4月29日が休日となる所以となった。昭和天皇の、博識であった面にちなんだ名前となっている。

*4)祝日化される前は海の記念日という記念日であった。海の記念日は、明治9年、明治天皇の東北地方巡幸の際、それまでの軍艦ではなく灯台巡視の汽船「明治丸」によって航海をし、7月20日に横浜港に帰着したことに因み、昭和16年に制定された。

テーマ : 文明・文化&思想 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。