スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神無月について

本日からは神無月でございます。


最近では、10月は神様は出雲に集まって会議をするから神無しの月である。
したがって出雲では「神在月」となる。


という説が一般的になってきております。
しかし、これは中世以降に出雲の御師(教えを広める人)が広めた後付けの説です。



元々10月は「かんなづき」という呼び方はされていました。
そして、その音に「神無月」という字があてられたのです。
なので、「神がいないから神無月」という説は順番が逆なのです。


では、なぜ10月は「かんなづき」と呼ばれたのでしょうか?


まず、言葉を分解しますと「かみ(かん)」と「な」と「つき」に分かれます。
「かみ」と「つき」は説明はいらないでしょう。

では「な」とは何か?
当時を考えるには古典です。では当時のこの「な」を今に置き換えると・・・助詞の「の」です。

合わせると「かみのつき」という意味になります。


ここまで来ると、なぜ10月が「かんなづき」と呼ばれるかは分かりますね。


日本人は農耕民族です。
そして主食のコメは10月に収穫されます。
そして、多くの神社のお祭が10月であるのも、収穫の感謝とお祝いの為です。


昔は、天候不順でおコメが取れなかったりすると、多くの人が飢えで死んでいましたので、尚更切実だったでしょう。

これでは「かみのつき」と呼ばれても不思議ではないと思います。


テーマ : 文明・文化&思想 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。