スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北方領土の日

本日は北方領土の日です。
北方領土の日は何ぞやという人の為にwikiより引用しておきます。

制定までの経過
昭和50年代に入り、北方領土返還運動の高まりから、青年、婦人、労働の各団体において「北方領土の日制定」を求める決議が次々と行われるようになった。そして、昭和55年には、国会の衆参両院において「北方領土の日」の設定を含む「北方領土問題の解決促進に関する決議」が全会一致で決議されたのを始め、全国の都道府県議会や市町村議会、全国知事会、などにおいても同様な決議が行われるようになった。
こうした事を背景に、総務省(当時)において「北方領土の日」の設定について検討することとし、広く関係各層の意見を聞くために同年12月、有識者らからなる「『北方領土の日』に関する懇談会」が開催された。この懇談会の答申を受け、昭和56年1月6日に毎年2月7日を「北方領土の日」とすることが閣議了解によって決められた。

由来
「北方領土の日」をいつにするかについては、ソ連が択捉島への進駐を開始した8月28日などいくつかの候補があったが、最終的に安政元年(1885年)に日本とロシア(当時は帝政ロシア)との間で最初に国境の取り決めが行われた日露和親条約が結ばれた2月7日に決まった。


という感じです。
ポイントは赤字になっている「ソ連が択捉島への進駐を開始した8月28日」でしょうか。

この日はすでに日本は降伏(ちなみに条件付き降伏。無条件降伏ではない)していました。
つまり、ソ連は国際法を破ってまで進駐してきたわけです。
で、そのまま軍事占領が続き今に至るわけです。

従いまして、鳩山前首相らがいう2島返還など許してはいけないのです。
4島ともれっきとした日本領なのですから。


ところで、昨日の平成教育委員会のフリップには憤りを感じました。
北海道に色が塗ってある時に、北方領土は色が変わっていなかったのです。
今日が北方領土の日であり、国民が一丸とならなければいけないのにこの体たらく。
悲しすぎやしませんか??


ちなみに尖閣諸島(正確には魚釣島)に上陸出来ないのは地権者の方との契約がある為とのこと。
現状では仕方が無いですが、早く是正していただきたいものです。

竹島はそういう問題も何もないのだから、もっと毅然とすればいいのに。
ちなみに、日本は再三国際司法裁判所に判断してもらおうと言っているようです。
韓国がひたすら拒否してますが。

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。