スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月の和名について

特定非営利活動法人 小笠原流・小笠原教場さんの機関紙『姿』を読んでいて面白い記事がありました。
「月の和名」について書かれている中で、「なぜ二月をきさらぎ」というのかという説明がありました。(当然諸説ありとなっています)
私が面白いと思ったのは以下の文章です。

『下学集』に「衣更着(きさらぎ)二月也、此月余寒猶厳、故衣更着也」とあります。(以上引用終わり)

寒さがまだまだ厳しいから、服を更に着る。だからきさらぎとなる。。。
う~ん面白いですね。


こういう理屈を覚えると、頭にも引っかかりやすく覚えやすいと思います。

テーマ : 日本文化 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。