スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地鎮祭について

少し前になりますが、7月20日に此の度建て替えをすることになった高木邸(宮司宅)の地鎮祭を執り行いました。

せっかくの機会なので、地鎮祭とはどのように執り行うかということを記そうと思います。
ただし、地域差が大きいので日本全国この通りというわけではありませんのでご注意ください。

①修祓(しゅばつ)
  祭典に臨むに当たりお祓いを致します。
  これはどのような祭典やご祈祷においても同じことで、心身を清らかにして神様にお願い事をするわけです。
  これより前に、手水を行ったり、家を出る前に身体を清めてきたりすると尚いいでしょう。

②降神(こうしん)
  神籬(ひもろぎ=憑代のようなもの)に神様に降りてきて頂きます。
  通常は祝詞は微音(小さい声)で奏上し、その最中に警蹕(けいひつ)といって「オー」という声を発します。
  一人で奉仕する場合は便宜上、祝詞の奏上の後に警蹕をかける場合が多いようですが、無いのが本義です。

③祝詞奏上
  工事の無事を土地神様にお祈り致します。
  他の場合もそうですが、祝詞を奏上している間は参列者は頭を下げます。
  地鎮祭01

④清祓(きよはらえ)
  工事を行う土地を祓い清めます。
  通常は北東の方角から順番に回ります。
  大麻(おおぬさ)でお祓いしたのち、切幣(きりぬさ)でもお祓いを致します。
  地鎮祭02 地鎮祭03 地鎮祭04 地鎮祭05

⑤地鎮の儀(じちんのぎ・とこしずめのぎ)
  草を刈り、穴を掘り、地面を鳴らす所作をします。
  また、「鎮め物」という土地を鎮めるための物を土中に埋めます。
  本来は家の建設予定地の中心地に穴を掘り埋めていましたが、現在は盛り土を以て代用しています。
  また、大相撲の土俵にも鎮め物はおさめられています。本場所の前の神事で埋められ、安全を祈られます。
  地鎮祭06 地鎮祭07 地鎮祭08
  鎌で草を刈り、鋤で穴を掘り、鎮め物を埋め、鍬でならします。
  ちなみに写真には鋤で穴を掘るはありません。

⑥玉串奉奠(たまぐしほうてん)
  玉串をお供えしてお参りをします。
  施主→施工者の順番で行います。全員が行う場合もあれば、代表者のみ行う場合もあります。
  地鎮祭09

⑦昇神の儀(しょうしんのぎ)
  最初に降りてきて頂いた神様に神籬から元のところにお戻り頂きます。
  降神の儀と同じく祝詞は微音(小さい声)で奏上し、その最中に警蹕をかけます。

⑧直会(なおらい)
  神様にお供えをしたお神酒を皆で頂きます。
  神様と同じものを頂くことにより、神様の力を体内に取り込み神人の同一をはかります。
  お神酒だけとは限らず、お米やお塩、お水から野菜果物まで、「お供えした物」を頂くことに意義があります。
  昨今はお参りをした後などの食事を直会等という風潮もありますが、それは間違いです。
  上記にある通り、お供え物を頂いていれば直会となりますが、大抵はそうではありません。


以上が、地鎮祭の式次第となります。
初めに書きましたが、地域によっては鋤と鍬の順番が違ったりします。他にも私が知らない違いがたくさんあるかもしれませんが、地域の実情に合った形でのご奉仕が成されていることと思います。
あくまで、これは一例であると思って頂ければ幸いです。


最近では地鎮祭をしない場合が増えているそうですが、その土地を守っている神様への挨拶でもあります。
大工さんが無事に工事を終わることが出来ますようにという意味もありますので、地鎮祭をされることをおススメ致します。
玉串料や細かい所の打ち合わせ等はお気軽に神社さんにお問い合わせを頂ければと思います。

テーマ : 神社・神道 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。