スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明治祭・源頼義公年祭の斎行

本日11月3日は明治節であるのはご存じであると思います。
しかしながら、当社においては源頼義公のお亡くなりになられた日でもあるため、2重の意味で重要な日であります。

朝から、明治祭並びに源頼義公年祭を滞りなくご奉仕させて頂きました。


【明治節とは】
11月3日は明治時代は天長節でした。
当初は旧暦9月22日で、明治6年の改暦以降は新暦に換算した11月3日となりました。
対象14年(1925年)に「明治節」の請願運動が起こり、2万人の署名が帝国議会に上げられました。衆議院では満場一致で可決されましたが、当時は大正天皇が病臥していたため、貴族院での審議は中断されました。そして、昭和2年(1927年)3月4日に当時の休日法「休日ニ関スル件」が改正されて、明治天皇が名君とされ近代日本の礎を築いたという功績を偲び、祝祭日に設定されました。
停戦後の昭和23年(1948年)7月20日に現行の休日法「国民の祝日に関する法律」(祝日法)が施行され、同時に「休日ニ関スル件」が廃止されました。
しかし、11月3日は以降も休日となっています。現在の「文化の日」ですが、これは昭和21年(1946年)の日本国憲法公布にちなんで制定され、昭和23年(1948年)に公布されたもので、明治節とは直接の関係はないとされています。
ただし、昭和23年(1948年)2月26日の国会での議事録には、祝祭日の改正の議論において、明治節を通じて「明治時代を永久に思い出していきたい」との趣旨の答弁がされており、制定にあたっては実際には関係がないとは言えません。
尚、祝日法は「祭日」の概念を採用しないため、崩御日を記念した神武天皇祭と先帝祭(施行当時は大正天皇祭)は、明治初期から続く休日であったにもかかわらず廃止となりました。(ウィキペディアを参照)

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。