スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土屋東京都議のお話

民主党政権になったとたんに首相官邸のHPから日から、天皇陛下ご在位20年が消えた。
消えた場所は空白になっているので、総理か、その「側近サヨク」が消すことを命じたことは明白だ。

だから、私が言ったとおり、民主党はマニフェストに正直に政策を書いていないと言うことになる。ご在位、20周年記念日を祝日にすることも左翼の反対でつぶされている。国民は、こうした実態を直視すべきだ。

ある情報では、千葉景子法務大臣は、まず、人権擁護法案を通るらしい。この法案、ある人を批判すると、批判された人は「人権擁護委員会」なる正体不明の団体に申し出て、そこが「侵害」だと言えば、捜査令状なしに、捜査が行われ、押収が行われると言う、ファシスト法案だ。

拉致には朝鮮総連が関与しているとも言えなくなるし、あやしげなNPOサヨクの批判も出来なくなる。つまりは、「言論統制法案」
これを「人権擁護」と言い換えるとは敵もさるものだが、これは、ちゃんと民主党の政策集に入っている。入っているのなら「マニフェスト」に正直に載せなさいよと指摘した私を、今、「除名する画策を姑息にもしている」

言論統制法案が通過すれば、後はやり放題。国民はマニフェストしか読んでいないから、まさかそんなことになるとは知らない。知らないところでことを行うと言うのがサヨク全体主義の特徴。

官邸HPの陛下のご在位についても、総理が言ったとは思わないが、それに付着しているサヨクが指示を出したとしか思えない。

革命は静かにやってくると繰り返し言っている。
サヨクにこの国を蹂躙されていいのなら静観すればいいが、そうでないのなら、ウソツキマニフェスト糾弾・左翼政策集糾弾の声をあげるべきだ。

姑息とはまさにこのことを言う。



以上、土屋議員のブログを全文引用させていただきました。
ほんまに民主党議員のほとんどは、どこの国の政治家なんでしょうね。

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

コメント

No title

以前、某ブログで書きましたが、この「在位」という言葉が気になりますね。
御位に即かれて20年なので、御即位20年と言って欲しいですね。
在位は退位された天皇に使う言葉です。
昭和天皇の在位は64年、と。
この各省庁の記念事業というのも使い方がマチマチです。
御即位に訂正してほしいものです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。