スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在位○年と即位○年

昨日のかずとりひもさんのコメントにありましたが、「御在位○年」と「御即位○年」の違いを書いてみようと思います。
御在位○年
    →在位期間が○年間であった。
御即位○年
    →即位してから○年たった。

簡単に書くと言葉の使い分けはこうなります。
つまり御在位○年は期間を表し、御即位○年は経過年数を表すわけですね。

こんな簡単な言葉の使い分けですが、結構いろんなところで間違いが存在しております。
一例として首相官邸のHPですが、ここでも御在位となっています。

今上陛下の御在位20年を祝う・・・不敬極まりないですね。今上陛下はこれからも日本国や我々国民の安寧と発展を祈ってくださるというのに、皇位から引きずり降ろそうとする言葉を使うとは。
また、時々平成天皇と言う人もいますが、これも不敬ですね。
昭和天皇という呼び名は、先帝がお亡くなりに成られてからつけられたおくり名です。
現在の陛下のことをお呼びする時は今上陛下もしくは今上天皇となります。
もし平成天皇などといった場合は。。。分かりますよね。



これらは日本の社会人としての常識であると思います。
子供のうちは知らなかったで済むかもしれませんが、いい大人が平然と使っているのは浅学をひけらかすようなものです。。

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

コメント

No title

勉強になるな~

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。