スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月次祭

本日は月次祭(つきなみさい)を斎行いたしました。

神社によって日にちは違うのですが、ほとんどの所では1日は月次祭をしていると思います。
当神社では、毎月1日・15日に月次祭をしております。

この月次祭ですが、書き方も色々ありまして必ずしも「月次」と書くわけではありません。
各社に伝わる書き方が違えば、表記の仕方も変わるというものです。


どんなお祭かと言いますと、「今月もみんなが無事に過ごせますように。。。」というお祈りをさせていただいております。

この「みんな」というのは氏子崇敬者の皆様だけではなく、日本国民、世界中の人々であります。


みんなが平和に暮らせますように。。。
そのために一番必要なことは、自分を知った上で、他者は自分とは違うことを知り、違いがあるということ認めることであると思います。

よく、日本も朝鮮も支那も同じアジアという論調がありますが、これは間違いです。
たしかに地理的には隣通しですが、考え方も価値観も文化もまったく違います。
この違うということは悪いことではなく、当たり前のことなのです。
そのことを知った上で外交なり貿易なりをしないとえらいことになります。
なにせ、朝鮮も支那も「嘘も100回つけば真実」という文化ですからね。。。

テーマ : 宗教 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

No title

S・ハンチントンが『文明の衝突』で、世界を8つの文明に分けましたが、日本だけは、唯一、日本だけの文明でした。
東アジア共同体が不可能であることは、世界の学者のほうが知っています。
違いを認め合うことから始めなければいけないのに、韓国に倣ってかどうか、夫婦別姓などと・・・。
日本は日本という当たり前のことを政治家が認識していないことが恥ずかしいですね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。