スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国旗掲揚条例案

ネットで探しても朝日新聞の記事しかなかったので引用しました。(続きからにあります)
靖国問題や慰安婦問題を作りだしたように、またもや波紋を広げたいようですね。

まあ当たり前でしょう。
本来は条例などなくとも、そう行われていなければならないわけですから。
ただ、探すときに上の方にあった記事を見て笑ってしまいました。

そんなに日本が嫌いなら出ていけばいいのに。
国旗の意味・国歌の意味が分からない日本人が多すぎる。

いまだに君が代が天皇讃美の歌と信じているとか・・・

まあそのように教育した日教組の努力のたまものですかね(苦笑)
朝日新聞より引用


自民党大阪府議団は25日、府立高校などを含む府の施設に常に「日の丸」を掲げるよう定める「国旗掲揚条例案」を、開会中の定例府議会に提出する方針を決めた。卒業式などを除いて掲揚を義務づけられていない府立学校に、常に掲げるよう定める狙いだ。学校での掲揚の強制を進める内容のため、今後波紋が広がる可能性がある。ただ府議会各会派の賛否は割れており、現時点で条例案の可決に至るかどうかは微妙な情勢だ。

 文部科学省によると、01年春以降、全国すべての公立高校の入学式と卒業式で国旗が掲揚されている。ただ国旗・国歌法を所管する内閣府は、都道府県で学校現場の国旗の常時掲揚を定めた条例は「聞いたことがない」とする。

 条例案の名称は「大阪府の施設における国旗の掲揚に関する条例案」。第1条で「国を愛する府民の意識の高揚と次代を担う子どもたちの国際感覚の収得に寄与する」と目的をうたい、第3条で国旗掲揚を定める。対象施設は府庁やその出先機関、府立学校、警察など。条文に罰則はないが、職員が違反すれば、地方公務員法違反などで懲戒処分される可能性がある。

 府議会では1963年に全国の官公庁、学校で平日昼間の国旗掲揚を求める決議が採択された。今年10月、自民党の西田薫議員が教育常任委員会で「決議があるのに府立学校で実施されていない」と指摘。橋下徹知事が「条例制定という方法をとっていただけたら、国旗である以上、問題ないと思う」と答弁した。

 これを受け、自民党の一部議員が条例化を検討。同党は今後、各会派に条例案提出の方針を伝え、12月15日までの会期中の可決を目指す。

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

コメント

No title

なるほど。条例を出さなければいけない理由はわかりました。
しかし、条例を出さなければならない世の中って・・・。
府立学校で国旗掲揚に反対している公務員は、懲戒免職にすれば教育が良くなるはずです。
条例ではなく、懲戒免職で臨んではいかがかと思いますけど。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。