スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝詞について



祝詞(のりと)とは神様に、お参りに来られた方の願いや思いを伝える為の言です。

なので、大和言葉で奏上(そうじょう:読み上げるということ)します。


標記も万葉仮名を使います。つまり、全て漢字でございます。



ちなみに、大和言葉の例です。


地鎮祭(じちんさい)  → とこしずめのみまつり

春秋(しゅんじゅう)  → はるあき

天皇(てんのう)    → すめらみこと

職業(しょくぎょう)  → つとめ

幸福(こうふく)    → しあわせ




などなどです。

他にもいろいろありますが、基本的に訓読みです。

神社で御祈祷を受けられる時は、少し耳を澄ませてみて下さい。いろいろ面白い表現を使っているものですし、神社ごとによって微妙に異なるところがあるのもおもしろいですよ。

テーマ : 神社・神道 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。