スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楠公祭

本日は楠公祭でございました。

毎年4月25日に楠公生誕地で行われております。
最近開始時間が10時からに変更となりました。


楠公とは楠木正成公の事で大楠公とも言われます。
ちなみに、小楠公とは正成公の嫡男の楠木正行公のことです。


この楠木正成公は日本史(世界史でもあろう)において、唯一悪評がない武将です。

どのような人気のある人物であっても、多かれ少なかれ悪評もあります。特に武将は敵方から見た場合悪評が書かれます。

当社の御祭神である、源義家公も安倍氏・清原氏側からの視点で書かれた、大河ドラマの「炎立つ」では悪役でした。

しかし、楠木正成公に関しては、敵方からも称賛されているようです。


このような楠木正成公のお生まれになった地が、大阪府の唯一の村、千早赤阪村にあります。

興味のある方は、一度足を延ばしてみられてはいかがでしょうか。

テーマ : 神社・神道 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

No title

お疲れ様でした~
えっ午前10時に変更になっているとは・・・。
といっても、当宮も午前11時から筆まつり。
う~ん、参列もできそうにないですねえ。

楠公さんは「河内の悪党」って習うので、本当の悪党と思う人もいます。
悪党って言い方を変えないとねえ。
楠木一族の楠公以後の戦いも忘れてはいけません。

明治天皇が南朝が正統と聖断を下されたことが、楠公の価値を更に高めたことでしょう。
因みに南朝が正統だと帝国議会で発言をしたのは、藤澤南岳の長男黄鵠です。

Re: No title

10時開始は早く終わるようにするためだそうです。
たしか去年からやったと思います。

たしかに、悪党と言われてますよね。表面しか知らなければそうなりますね~

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。