FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壺井八幡宮例大祭

本日、5月15日は壺井八幡宮の例大祭です。

例大祭とは、神社における一番大事なお祭りのことです。
神社の創始や御祭神がお亡くなりになられた日が多いように思います。

壺井八幡宮の場合は、神社が創建された日になります。

いわゆる、神社のお誕生日です。

お誕生日をみんなで盛大にお祝いすることによって、神様のお力が益々大きくなります。
そして、それが、神様のお蔭をいただく我々にも、大きな御神徳となって返ってくるというわけです。

梅が大きく



梅の実が大きくなってきました。
当社ではどうこうするわけではありませんが、宮司家では梅酢をよく作ります。

責任役員会・新旧合同総代会の開催

4月29日に責任役員会と、新旧合同総代会を開催致しました。

当社の場合は、総代さんは任期が3年です。
それで、総代さんが変わるときに新旧の両方の総代さんに集まっていただいて、ご意見をいただく場にしています。

この時期の議題は

①予算決算
②八幡宮例大祭
③小笠原流奉納神事

が定例の議題です。
今回はそれに加えて、

④安土城考古博物館の御神像展

が議題に上りました。


最後に、毎回行っている宮司講話として、「責任役員と総代の役割について」と題して、15分ほどお話しを致しました。



議案は全て承認いただけましたので、改めてスタートを切った心地です。

靖國神社春季例大祭に参列

本日、靖國神社の春季例大祭に参列を致しました。
英霊にこたえる会大阪府本部の代表としての参列でしたので、神社庁の職務での参列です。
このような機会をいただけることに感謝です。

さて、このことに関するニュースは、「やれ誰誰が参拝した。」とか「首相が真榊を奉納した」とかしょうもないことばかり。
はては、「アジア諸国がどうこう」まで言いだします。
ちなみに、首相がどこにお参りをしようが、批判することは内政干渉です。
また、アジア諸国といいますが、文句を言っているのは中国と韓国だけです。

この春季例大祭は非常に大事なことがあります。
それは、天皇のお使いである勅使が参向されるということです。
勅使は天皇陛下のご名代ですので、天皇陛下がお参りをされているのとほぼ同義となります。
宮内庁が勝手にやっているわけではないのです。

ここで、参列して思ったことは、雅楽ではなく、國學院大學の生徒による吹奏楽によって、様々な行事が進んでいるということです。
おそらく、英霊にかかわりの深い音楽を使われているのではないかと拝察するわけです。

他所のお祭りに参列できることは、非常に多くの学びを得ることが出来ます。
この機会をいただけることは、ありがたいことです。

大阪府指定文化財に指定

当社の御神像である、僧形八幡神像・仲哀天皇像・神功皇后像・若宮像・内蔵物が合わせて3月23日付けで大阪府指定文化財に指定されました。

ありがたいことです。
さっそく、5月の例大祭でと思うわけですが、残念ながら、5月の例祭の時には、神功皇后像と若宮像は滋賀県の安土城考古博物館の特別展示のため、当社にはありません。

特別展示の概要はまた日を改めたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。